みんなどこか変わってるから大丈夫

サラッとスカスカ このブログ…

ナイ氏もおんなじことを言うてる…

去年、「この際、しっかり知っとこう、抑止力という概念(2014.12.3)」というエントリーで

日本の元防衛官僚で、安全保障の専門家である柳澤協二さんの話を紹介したんですけど、そのなかに、

中国の台頭に合わせて米軍が進めている「兵力再編」は、中国の中距離ミサイルの射程内に兵力を集中することが軍事的に不利であることを意識している嘉手納の空軍の一部を三沢に移転し、海兵隊についても「ローテーション」と称してオーストラリアのダーウィンを含む西太平洋地域に巡回配備していることも、その一環である空軍や海兵隊の地上部隊など、陸上を拠点とする部隊を中国ミサイルの射程圏内に固定することは、既に軍事的に不合理な選択となっている

…というくだりがあったんです


で、それが正しい指摘であることを裏付けるアメリカ側の識者の話が新聞に出てたので

紹介しておきたいと思います

辺野古移設「長期的解決策にならない」 米国防省元幹部 (朝日:2014年12月7日)

 日米両政府が進める米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について、対日政策に詳しいジョセフ・ナイ元米国防次官補(現米ハーバード大教授)が「長期的には解決策にならない」と述べた。中国の弾道ミサイルの射程内にある沖縄に米軍基地が集中する現状を変えるべきだ、とも指摘した

 今月初めに朝日新聞の取材に答えた。ナイ氏は「中国の弾道ミサイル能力向上に伴い、固定化された基地の脆弱(ぜいじゃく)性を考える必要が出てきた。卵を一つのかごに入れておけば(すべて割れる)リスクが増す」と指摘。在日米軍基地の7割超が沖縄に集中していることは、対中国の軍事戦略上、リスクになりつつあるとの見方を示した

 普天間飛行場辺野古移設については宜野湾市での航空事故などの危険を減らすことになる」とし、短期的な解決策としては有効だと指摘。そのうえで「長期的には解決策にはならない。固定化された基地の脆弱性という問題の解決にならないからだ」と述べた

 「沖縄の人々が辺野古への移設を支持するなら私も支持するが、支持しないなら我々は再考しなければならない」とも述べ、辺野古移設に慎重な理由として、沖縄県民の反対が多いことも挙げた。また、日本が自国防衛や日米同盟でより大きな役割を果たそうとすることに伴い、米軍基地の返還を求める声が高まる可能性があるとも指摘した。

 さらに、長期的な目標として、在日米軍基地を徐々に日本政府に移管して自衛隊と米軍が共同利用できるようにし、米軍は各基地を一定期間ごとに巡回する形をとるべきだと提案。「日米同盟を今後50年も続けるには、現在の脅威に対処するには最適とは言えない米軍基地のあり方を、変えていくべきだ」と強調した。

 クリントン政権で国防次官補を務めたナイ氏は、冷戦後の日米同盟を再定義する「ナイ・イニシアチブ」を推進。米外交政策に最も影響力を持つ国際政治学者の一人として知られ、今年10月からはケリー国務長官に助言する外交政策委員会のメンバーを務める。


ナイ氏との主なやりとり 「日米同盟、変革が必要」

ジョセフ・ナイ元米国防次官補(現米ハーバード大教授)

 ジョセフ・ナイ元米国防次官補(現米ハーバード大教授)が在日米軍のあり方について語り、「長期的には、辺野古移設は解決策にならない」と指摘した。朝日新聞のインタビューに答えた主な内容は次の通り。

辺野古移設「長期的解決策にならない」 米国防省元幹部

 ――日米同盟の構造を再検討すべきだと主張していますが、なぜですか。

 「短期的ではなく長期的な話です。これまで50年間続いてきた日米同盟は、今後50年間も続くべきです。しかし、10年以上先を見据えれば、変革が必要です。現在の米軍基地は第2次世界大戦後に置かれたものです。我々が直面している脅威や問題に対処するには、最適な位置ではないかもしれません。中国が弾道ミサイル能力を向上させる中で、固定化された基地を一カ所に集中していいのかも、不透明です」

 「三つ目は日本のナショナリズムです。日本がいわゆる『普通の国』になっていくにつれて、米軍の基地が減って日本の基地が増えていくはずです。日本列島のより多くの米軍基地が、日本の基地となり、米国と日本の部隊が一緒に配置されるかもしれません」

 「固定化された米軍の基地を置くよりも、(巡回して)異なる場所にいる方が日本のナショナリズムの観点からも問題が少ないし、中国が弾道ミサイルを使おうとしても、より難しくなります」

 ――現在の安全保障環境は固定化された基地にどういう影響を与えていますか。

 「固定化された基地は現在でも価値はあるが、中国の弾道ミサイル能力向上に伴って、その脆弱(ぜいじゃく)性を認識する必要が出てきました。卵を一つのかごに入れれば、(すべて)壊れるリスクが増すのです」

 ――基地の分散化は、中国に誤ったメッセージを送るという反論もあります。

 「中国に送るメッセージが『日米安保条約は冷戦後も東アジアにおける安定の基盤だ』というものであれば、環境次第で実行方法を変える必要があります」

 ――一カ所に集中させるよりも分散させる方がより安定的で効果的ということですか。

 「そうです。沖縄の人々の負担軽減にもなります。もし普天間飛行場辺野古移設を沖縄の人々が支持するなら、私も賛成します。しかし沖縄の人々の支持が得られないなら、我々はおそらく再検討しなければならないでしょう」

 「ただ、2010年のように、普天間問題を日米の最優先課題にするべきではありません。あれは大きな間違いでした」

 「私は辺野古を支持することもできますが、同時に『長期的には辺野古は解決策にはならない』とも指摘します。今後10年間といった短期間で考えれば、宜野湾市の負担を軽減したいわけですから、施設や海兵隊辺野古に移すほうが良いと言えるでしょう。しかし辺野古に移しても、20年後を考えると、固定化された基地の問題は解決されないままです」

このインタビュー記事を読むと、対日政策に詳しいジョセフ・ナイ元米国防次官補のいうてることと

柳澤協二さんの指摘がまったくおんなじであることがわかります

つまり、日本とアメリカが「仮想敵国としている中国」のミサイル能力が年々向上している状況において

大きな基地を一カ所に固定化する…という従来の方法論が合わなくなってきていること、

したがって、アメリカの大きな基地を(中国から近い)沖縄に集中させていることそれ自体が

安全保障上のリスクとなりつつある…ということで、結果、普天間基地辺野古に移設しても、

(長期的には)このリスクを解消することには繋がらない…というものです


ナイ氏の意見は、「日本の安全保障のためには」という視点ではなく

ひとえに「アメリカの安全保障にとって」という前提の話であることに注意が必要ですが

少なくとも、アメリカから見て、沖縄に米軍基地が集中していることに

(長期的な)安全保障上の意味がなくなってきていることに加えて、

ナイ氏は触れていませんが、「海兵隊という軍事組織」そのものの存在価値が薄れてきている…という、

柳澤協二さんの指摘もあるわけです

つまり、アメリカから見ても、海兵隊専用の普天間基地(機能)が本当に必要なのか疑わしいですし

移設などしなくとも、現在の普天間基地をそのまま閉鎖するという選択肢も十分に取りうるはずなんです

にも関わらず、日本政府がいつまでたっても「米軍基地は沖縄に…」という、

従来の思考を引きずって思考停止していることが、普天間基地の問題を

いつまでも「問題」のままにしている根本的原因なのではないでしょうか





アメリカからみて、「本来は軍事的必要性の乏しい」普天間基地の存続(=辺野古移設)が

なぜアメリカである程度の支持を得るのか…に関して、是非、知っておきたい情報があったので

あわせて紹介しておきます

辺野古の米軍基地維持費「日本が負担すべき」米議会 (沖縄タイムズ:2014年12月7日 08:07

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古新基地の維持費について、米議会側が、建設が実現した場合は日本が維持費を負担すべきと主張していることが分かった。米有力議員が3日、本紙の取材に対して明らかにした。

 議会側が米政府側に正式に要請した場合、日米間における交渉が本格化する可能性がある。

 日本側が維持費を負担すべきとの考えについて、同有力議員は、将来的に辺野古新基地が日米共同演習などで使用される可能性などを指摘。日本が負担すべきと考える維持費の額などについて言及しなかった。

 上院軍事委員会は、昨年まとめた報告書のなかで、米会計検査院(GAO)が1998年に、代替施設の年間維持費は普天間の約70倍に相当する約2億ドルと試算し、日本に負担を要請したものの、合意の見通しが立たず、米側の負担が膨らむ可能性を警告していたことなどについて言及している。

 一方で同委は、代替施設が運用可能な状態となるまで、普天間の維持費を抑えるようくぎを刺している。

かつて、アメリカでは日本に対して「安保ただ乗り論」というのがあって

日本は自国の安全保障に関してアメリカの軍事力にただ乗りしている…という、

「イチャモン」のたぐいの屁理屈があったんですが

自国の安全保障のための基地の運営に関して「日本にただ乗り」しようとしてるのは

他ならぬ、アメリカの方でありまして(→それは、日本国内の基地にみならず、

海兵隊のグァム移転経費まで日本に請求書を回してきてるし…)

こんな「甘い話」があるから、いつまでたっても日本からアメリカ軍基地がなくならない…というお話でした